エコ活動のひとつリサイクルとは

リサイクルは資源を捨てないで使っていくというエコ活動のひとつで、資源を無駄にしない効果があります。

エコ活動のひとつリサイクルとは

エコ活動のひとつリサイクルとは

今やエコのために物をリサイクルすることは当たり前と行っても良いほど必要性の高いものになっています。
リサイクルというのは物を廃棄処分しないで再資源化して再び使っていく事を言います。
リサイクルをする事で地球上の限られた資源を無駄遣いしなくてすむようになります。
私達の身近なリサイクルでは、資源ごみの回収があげられます。
アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、古紙、トレイ、ガラス瓶、ペットボトルなどは指定された方法で分別して回収し、再生工場で集めて再資源化させます。
こうすることで資源を節約する効果が得られますが、それだけでなく資源を廃棄した際に必要なコストを抑えたり、廃棄処理で発生する二酸化炭素を減らす効果も得られるメリットがあります。
資源が効率良く再生されるためには、自治体等の指示通りに正しい方法で資源ごみを分別して回収させることが必要です。

資源ごみを洗浄したり分別することは面倒くさいと感じる人も中にはいるかもしれませんが、地球の資源を守ることや地球温暖化をストップさせるエコ活動は将来の私達の生活にも影響してくることなので、その事を良く頭において協力する必要があると言えます。
リサイクルはリユース、リデュースと頭文字をとって3Rと呼ばれてその活動が推奨されています。
リサイクルという言葉は多くの人がよく知っていると思いますが、リユースは不要になった品物を捨てずに再利用させること、リデュースは資源をなるべく使わないようにすることで、リサイクルと共に資源を守るために実践していきたいエコ活動といえます。
また、不要になった品物を買い取って中古品として販売する店をリサイクルショップといいますが、自分は不要でも第三者には必要になる場合もあるので利用するとごみとして廃棄することなく再び利用してもらえるのでエコに貢献できます。
着なくなった衣類や読まなくなった書籍などはきれいな状態ならまだ十分に利用価値はあります。
ごみとして捨ててしまうと二度と品物としての価値は戻りませんし、ゴミを増やしてしまうことになります。


Copyright(c) 2017 エコ活動のひとつリサイクルとは All Rights Reserved.